ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「やだ、何すんの! 離し……っ」


    騒ぐ口をふさぐために、キスをした。

    勢い余って歯がぶつかって、痛い。


    「……おまえが悪い」


    「何でよ?」


    「派手な格好で、先輩と出掛けやがって」


    「あんたには関係な……」


    問答無用のキス。


    幼なじみが最近、派手になった。

    チャラい先輩と一緒にいることが増えて。

    ふざけんなって思って。


    「……何で怒るの?」


    「おまえが勝手に……」


    「あたしはあんたのものなの?」


    「違うのかよ?」


    「ちゃんと言え、バカ!」


    素直じゃないのは、昔から、お互いさま。

    でも、今ここで言えなかったら、こいつがいなくなる気がして。


    「好きだ。大好きだ。愛してる」


    「やっと言った。ヤキモチの焼き方がかわいくないのよ」


    「焼かせ方が悪い」


    憎まれ口を叩き合って、笑い合って。

    おれたちは初めて、優しいキスを交わす。

    きゅん

    79

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲