ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「今さ、すげー悩んでることがあって」


    おまえの部活が終わるのを、生徒玄関で待ち構えてた。

    世話焼きのおまえは、すぐに話に乗ってきた。


    「あたしでよければ力になるよ」


    「おれ、好きな人いるんだけど、コクれないまま夏休みに入って。

    部活違って、会えねぇんだ」


    「きみらしくないね。

    単刀直入に告白しちゃいそうなのに」


    「コクりたかったけど、相手、彼氏いたし。

    でも、最近別れたらしい。

    このタイミングで声かけるって、どうなんだ?」


    じっと見つめたら、おまえは目をそらした。


    「あたしも最近別れたから、わかる。

    1人になると考え込んじゃう子、多いと思うよ」


    世話焼きで強がりで、弱音を吐かない。

    だから、こんな回りくどい言い方したけど。


    「やっぱ、単刀直入に言うわ。

    おまえのことだよ、おれの好きな人。

    一緒にいてやる。

    失恋なんか、さっさと忘れろ」

    きゅん

    111

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲