ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日、私は授業中怜さんから"屋上に来い"とメールをもらった

    怜さんからのメールを無視出来るはずなく授業を抜けて屋上に来た

    授業中に呼び出されるなんて初めてだったのでドキドキしている

    怜さんいるかな、なんて考えて屋上のドアを開けた

    すぐに気だるけな彼の姿を見つけた。奥の日陰でだらってしている

    「瑞姫、来たか」

    私が近づいていくと気づいたのかこちらを向いた

    「授業中に呼ぶなんて珍しいですね!何か用ですか?」

    「いや、朝見たとき元気なさそうだったから」と頭をポンポンしながら言ってきた。

    、この男はずるい。体だけの関係なのにもっと好きになるようなことをいってきた。

    「こうしてもらったからもう元気です!」

    「ならよかった。なんかあったらいえよ?」

    こう優しくされるから嫌いになれない。片想いって辛いけど幸せだなぁと改めて思った。

    きゅん

    13

    Rio_*さんをフォロー

    通報する

▲