ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 大学の講義はとても眠い。
    あと5分…。あと5分で終わる!
    片付けを始めていると、急に携帯の着信がなる。
    ピールルル~♪ 「こら!授業中だぞ!」
    ヤバ!マナーモードにしてなかった!携帯の着信先を慌てて確認すると春樹さんの名前がある。
    どうしよう今すぐ出たい!けど今講義中だし…。
    キーンコーン~♪
    きた!チャイムと同時に私は応答ボタンを押す。
    「ハイもしもしなつきです!」
    『おい、いつまでかけさせれば気がすむんだ。』
    「すいません…さっきまで講義だったもので…」
    『まあ、そんな所だろうとは思った。』
    明らかに機嫌悪い。折角電話してくれてるのに…
    『なつき、今から暇か?』
    「え?私?暇だけど。」
    『なら少し買い物に付き合え。』
    「でも!仕事は?」
    『休み。』
    「まさかそれってデート?!」
    『かもな。』
    「いく!」
    電話を切ると私は走って教室を後にした。

    きゅん

    10

    やまだ みよさんをフォロー

    通報する

▲