ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. ーもし、

    和人と同じ学校に通っていたら…ー




    「和人、今日はバレンタインデーの日だけど、チョコ貰わなかったの?」

    「俺、チョコ苦手だから渡してくる奴断ったんだよ…」

    …そう思って、

    「じゃーん!奏ちゃん特製ほろ苦チョコ」

    隠していた箱を和人の前に出した。

    …これなら和人も食べられるでしょ?

    そう思ってたのに………。

    「いらねぇ」

    えっ…?

    胸にポッカリと穴が空いた気分になった。

    せっかく、和人のために…作ったのに。

    すると、和人は奏の腕を掴んで

    ぐいっと引き寄せた。

    「俺…、お前からは甘いもんが欲しいんだけど?」

    そう言って、奏の唇を塞いだ。

    んっ〜…!?


    そんな和人と奏のちょっぴり甘い

    バレンタインデーのお話なのでした…。

    きゅん

    16

    きらきらぼし。さんをフォロー

    通報する

▲