ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 放課後校門の前で琉衣くんを待ってた。
    すると門の外に見覚えのある人影が…

    「あ、亜里沙ちゃん!」

    誰かと思えば琉衣くんのお兄さんの俊介さんだった。
    私服姿もカッコいい。

    「琉衣待ってんの?」

    「はい」

    「こんな寒い中待たせるなんてひでー奴だな。マフラー貸そっか?」

    マフラーを忘れた私に自分のを外して渡す彼。

    「いえ、大丈夫ですよ!」

    「風邪ひいちゃうよ」

    「でもっ…」

    するとその時急に体が後ろに引き寄せられた。

    「…きゃ!」

    「いらねぇよ」

    どきっ…

    琉衣くんの声だ。

    琉衣くんは後ろからぎゅっと私を抱きしめると、

    「人のもんに気安く触んないでくんない?」

    私は冷えた体が一気に熱くなる。

    「ハイハイ、悪いね彼氏さん」


    …独占欲の強い彼に、今日もドキドキさせられてる私です。

    きゅん

    905

    青山そららさんをフォロー

    通報する

▲