ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 冬は自殺者が増えるから忙しい。

    特に、年の瀬。

    大掃除のノリで自分の命までキレイさっぱり、って。


    「やめろよな。

    死神稼業が死ぬほど忙しいこの時期に。

    ふられた腹いせって、短絡的すぎ」


    輪にしたロープに首を突っ込もうとしてたあんたが、目を見張った。

    クリスマスツリーで首吊りとか斬新だな。


    「初めての人だったの。

    わたし、初めての人に自分の人生全部あげようと決めてたのに」


    「初めてってのはブランドだが。

    おれは、最後ってブランドのほうが価値あると思うね」


    「え?」


    「惚れた女の最後の男になりたい。

    ま、人の命の最後をかっさらう死神だから、余計にそう思うんだが」


    おれは鎌でロープを切り落とした。

    ぽかんとするあんたの手を握る。


    「ケーキおごってやるから付き合え」


    メリークリスマスって言ってみたいんだよ。

    かわいい女の子とケーキ食いながら。

    きゅん

    26

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲