ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 罰ゲーム付きのかくれんぼに巻き込まれた。

    鬼から逃げて、教室に戻って。


    教室にはあんたがいた。

    おれと同じで、まだ見付かってないらしい。


    あと3分で終了だ。

    罰ゲーム回避できたと思ったけど、甘かった。


    「ラスト2人まとめて発見!

    罰ゲームも2人まとめてやっちまえ!」


    ブレイクダンスやってるおれは、実は社交ダンスもできて。

    罰ゲームは“クラスの前で社交ダンス”。


    全員発見して上機嫌な鬼が、スマホのメモをおれに見せた。


    え?

    あんたの罰ゲームって……。


    「し、仕方ないな」


    固まってるあんたの右手をつかんで、おれの左手の上に重ねる。

    あんたの左手は、おれの肩に。

    おれはあんたの背中に腕を回す。


    「おれについてくればいいから」


    あんたの罰ゲームの相手がおれだったこと、嬉しい。

    “好きな人と手をつなぐ”


    誰かがスマホでワルツを流し始めた。

    きゅん

    18

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲