ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. ピアノが得意なあんたは、音感もリズム感も完璧。

    なのに、ダンスは下手だ。


    「テスト課題の練習、か」


    小雨の中、校舎裏で、独りで。

    手だけ、足だけ、1小節だけ。

    パーツに分けた動きをつなごうとして、失敗して。


    「見てらんないよ」


    声、かけてしまった。

    汗かいてるあんたが息を呑む。


    おれは昔からダンスやってる。

    男子の体育は器械体操なんだけど。

    女子のダンス、横目に見てて覚えた。


    「教えてやる」


    「う、うん、ありがと」


    はにかんだ笑顔。

    バカだな。

    照れとか、ダンスするときは捨てろよ。


    っていうか、そんな顔するな。

    ……やっぱ訂正。

    その顔、見られてよかった。


    小雨の中、校舎裏で、ほんの少しの特別。


    照れさせたくて、手に触れてみた。

    あんたがどんな顔したか、見られなかった。


    「ごめん」


    そっぽ向いたの、おれのほうだった。

    きゅん

    24

    氷川マサトさんをフォロー

    通報する

▲