ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「トリックオアトリート!」

    前の席のクラスメイト、アキに向かって両手を差し出す。そしたら、アキの猫目が呆れた様子で私を見据える。

    「いや、ハロウィン終わったし」
    「じゃあトリート」
    「何だよそれ。もうハロウィン関係ないだろ」
    「そんな事言っていいのかなー?お菓子をくれないと、手紙は渡さないから」

    言ってニヤリと笑う私に対し、苦笑いを浮かべるアキ。それもそのはずだ。アキの暇潰しに付き合って手紙書いてきてあげたんだから、ちゃんと報酬は貰わなければ。それが私達の取り決めでもある。

    「明日じゃダメ?」
    「ダメ。何故ならば今お腹が空いてるから」
    「持ち合わせ、ない」
    「……ちっ」
    「舌打ちするなって」
    「口笛吹いただけだし」
    「ははっ、だからそれ間違ってるから」

    最近、お日様スマイルで笑うアキを見ていると胸の奥が少しくすぐったくなる。
    ……なんでかな?

    きゅん

    28

    浪速ゆうさんをフォロー

    通報する

▲