ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 下ろした髪にマスクにイヤホン、
    完全にシャットダウンした私。



    他人と関わることが苦手で
    いつも本ばかり読んでいる。









    ―ぎゅっ―









    いきなり
    後ろから抱きついてくる者がいた。


    恥ずかしいし注目されるから
    離したいが、離しがたい。





    いろんな意味で
    顔を赤くする私に気づいたらしい。










    からかいも含
    彼は私の耳に直接語りかけた。







    「俺と一緒にいるのイヤ?」

    きゅん

    10

    仲今 ヒーローさんをフォロー

    通報する

▲