ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「雨降ってきたなー。傘持ってねぇ」

    「あたし持ってるよ。一緒に帰る?」

    たまたま昇降口で居合わせた幼なじみにそう言うと。

    「は?俺とお前が?相合傘なんかありえねぇ」

    なんか一人で赤くなってますけど。

    「じゃ、あたし1人で帰るね」

    傘をさし外に出ると幼なじみが走って来た。

    「入れろよな!」

    なんでそんな偉そーなの?

    「入れて下さいでしょ?」

    「ハイ、入れて下さい…なんかムカつくな。貸せ」

    あたしの手から傘を奪い、突然肩を組まれた。

    「きゃっ何!?」

    「こーやったら…肩濡れねーだろ。感謝しろよな」

    なんなんですか?

    でも…耳まで真っ赤になってる。

    「どうして照れてるの?」

    「言えるか、バカ」

    そんな幼なじみと、


    まさか、あたしが付き合うことになるなんて…!?

    きゅん

    101

    acomaruさんをフォロー

    通報する

▲