ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「たつ兄!なんで学校にいるの!?」

    「担任に頼まれ事があって」

    「たつ兄ここのOBだもんね」

    たつ兄とは家が隣で、私が生まれた時から遊んでもらっている
    ひとりっ子の私にとってお兄ちゃんみたいな存在

    「たつ兄もう帰る?」

    「職員室に顔だしてから」

    「じゃあ一緒に帰ろ!待ってる」

    「わかった、じゃ行ってくる」


    たつ兄と会うの久しぶりだなぁ
    前は毎日のように会ってたけど、たつ兄が大学に入ってからはなかなか機会がなくて


    「おまたせ、帰ろっか」

    「うん!……あーあ、私が1年早く生まれてたら一緒に帰ったり文化祭とか体育祭できたのに」

    想像したらちょっと寂しくなっちゃった

    「文化祭とかは無理だけど、今度遊園地でも遊びに行こっか」

    慰めるように頭をぽんぽんしながら微笑むたつ兄

    小さい頃もよくしてくれたなぁ




    でも、、あれ、、?

    こんなにドキドキしたことないよ?!

    きゅん

    4

    mIK✡。*さんをフォロー

    通報する

▲