ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 5件ヒットしました

  2. 「先生ー ちょーだい!」

    『なにを? 』

    「何言ってんの! バレンタインのお返しだよ?」

    『 え? 貰ったけど俺、返すなんって言ってないよ?』

    「そっか...そうだね...言ってなかったね」シュン

    お預けくらった子犬みたいで、かわいい‪w

    『なんで泣きそうになってんの? 』

    「なんでって それは... お返し貰えなかったから...」

    いじめすぎたかな? ギュッ

    『泣くな、ちゃんとあるから 』

    「本当? あるの?」 チュッ

    『 どう?彼氏の 俺にしかできない最高のお返しだろ?』

    「もー///大好き!!」 ギュッ

    泣いたり、赤くなったり、笑ったり忙しいやつだな‪w

    『 俺も大好きだよ』 チュッ

    きゅん

    2

    太陽花.*・゚さんをフォロー

    通報する

  3. 私、鈴木まなみには学年1のクールと言われてる彼氏、坂本健太郎がいる。そんな彼は私の前だけ豹変する。
    私「健太郎〜そろそろ離して〜」

    健「やだぁ〜離したくなぁ〜い」

    かれこれ1時間抱きしめられてる

    私「健太郎、暗くなってきたからお家帰ろ?」

    健「やだぁ〜まだまなちゃんギュってしてたい!」

    健太郎は、話を聞いてくれない。こうなったら奥の手だ!

    私「健太郎 離してくれたら私からいいものあげる!健太郎が好きなものだよ?」

    健「ギュってしてたいけど...欲しい...頂戴」

    よし! チャンス!!

    私「健太郎、大好きだよ! チュッ!」

    私「健太郎ーお家帰るよ!早くしないと置いてくよ!」

    健「まなちゃんずるい..もっと好きになっちゃうじゃん..」

    作戦成功で浮かれてた私には健太郎の声が聞こえていなかった。
    この後あんなことが起こるとも知らずに...

    きゅん

    14

    太陽花.*・゚さんをフォロー

    通報する

  4. 今日は、待ちに待ったハロウィン!!
    私には、好きな先生がいます!
    思い切って告白しようと思う!!
    そんな事考えていたら教室のドアが開いた
    先「真菜?まだ帰ってなかったのか?」
    え!? 先生!? どうしよう...
    真「先生、今日はなんの日でしょう!」
    先「え? あ〜 Trick or Treat?」
    なんで疑問形?
    真「あの、お菓子持ってないので私をもらってください...」
    どうしよ! 言っちゃった!!
    先「はぁ〜 なんでそんな可愛いこと言うかね〜」
    え?期待してもいいの?
    真「先生...すき...」
    先「俺も好きだよ真菜 俺と付き合って?」
    真「はい! よろしくお願いします!」
    教室で誓のキスをした事は2人の秘密...

    きゅん

    8

    太陽花.*・゚さんをフォロー

    通報する

  5. 私の名前は真奈。もうすぐ、テスト期間が始まる。

    なので、私は今、苦手な数学を先生に教えて貰っています。

    実は、私はこの先生が好きなのです。

    真「先生ー 数学のテスト絶対出来ない」

    先「やる前から諦めんな、お前はやれば出来る」

    真「じゃあ、テスト頑張ったら御褒美くれる?」

    先「そうだなぁ、テストでいい点数取ったら、考えてやるよ」

    真「ほんと?」

    先「あぁ」

    真「じゃあご褒美のためにテスト頑張ろう!」

    先「いい点数取れたらな」

    と言って先生は私の頭を撫でた。

    テストでいい点数を取った私に待っている、御褒美とは・・・

    きゅん

    4

    太陽花.*・゚さんをフォロー

    通報する

  6. 私の名前は千春
    今日の放課後私は、教室で日誌を書いていた。
    千「やっと書き終わった!」
    帰る支度をしている時に、同じクラスの優太が教室に入ってきた。
    優「千春まだ帰ってなかったの?」
    千「うん。日誌書いていたから。」
    優「ちょっとだけ話あるんだけどいい?」
    千「いいよ。どうしたの?」
    優「実は俺、ずっと千春事好きだった。俺と付き合って下さい。」
    千「えっ...(もしかして告白されてる!?)」
    優「返事は?」
    千「お願いします!」
    ギュッ
    優「絶対幸せにするからな!」

    そのときに見せた笑顔にキュンとしたのは秘密

    きゅん

    4

    太陽花.*・゚さんをフォロー

    通報する

▲