ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 苺都希))「あのさ、原稿を仕上げない?本番明後日だし。」

    未桜))「そうだね、どこでする?」

    ポロン~

    そういう時は、うち来る?って言わなきゃ!

    かれんちゃんからLIN○でアドバイスが来た

    未桜))「うち来る?」

    苺都希))「え…////…いいの?」

    未桜))「うん」

    苺都希))「お邪魔します」

    ニヤニヤとした目線がキツイ。笑いこらえとるし。

    未桜))「なら行こ。お疲れ様でした」

    華恋))「はーい、また後でLIN○するね」

    未桜))「うんわかった!またね」

    苺都希))「おつかれさまでしたー」

    瞬・友陽))「おつかれー」

    ー未桜の家ー
    あっという間に原稿は終わった

    「明日の部活一緒に行かん?」
    「いいよ」
    「じゃあ明日8時に未桜んち来るね」
    「りょーかい」

    ー屋上ー
    「あのさ聞いて欲しいんだけど」
    「うん」(まさかの告白?


    「好きです」

    「//…私も」

    きゅん

    2

    #わかさんをフォロー

    通報する

  3. 「あ、自販機ついた」

    「みんなアクエリでいいよね」

    「はい、5本持ってて」

    「私もっと持てるよ?」

    「いーの、俺が持つから
    仮にも俺男だから」

    「仮にもね、仮にも
    なにそれ。自称?ウケる」

    「そう自称自称、他称男だから」

    「そーじゃないとおかしいでしょ」

    「まー確かに?」


    「も少しやね部室まで」

    「あのさ、話聞いてくれん?」

    「いいよ」

    「好きな人っている?」

    「な、なに!?いきなり。びっくりするやん」

    「で、どーなん?」

    「うん、まあいるよ」

    「あーやっぱそっか」

    「まぁは?居るの?」

    「うん、いるよ」

    「そっか…」

    「振られる覚悟でいうけどさ、
    オレの好きな人ふぅだから」

    「え、、、、?
    マジで言ってる?」

    「マジじゃなくって言うかよ」

    「あのね、
    (背伸びしてまぁの耳元で)
    私のね、好きな人ね、
    まぁだよ」

    「//////…」

    きゅん

    8

    #わかさんをフォロー

    通報する

▲