ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 「あ、いた…ねぇ、どこにいたの?」





    「え?普通に会議室で部活…」




    「オレ、寂しかった…どこにいるかわかんなくて…ずっと探してて…でも、どこにもいなかったから…もう帰っちゃったんじゃないかって思って…」





    「…」






    「寂しくて、もう我慢できなかった。死ぬかと思った。責任とってオレとキスして…お前から。」

    きゅん

    2

    弥生彩夢さんをフォロー

    通報する

  3. お、お姉ちゃん…?



    ただいまっ
    さぁ、家の中に入りましょう♪




    〜姉弟部屋〜




    お姉ちゃん…






    ん?






    (ギュッ)







    アンタ…ふふっ…ずっとここにいて欲しいな…







    当たり前。お姉ちゃんを抱いてるの気持ちいい…







    (布団に入る)

    きゅん

    1

    弥生彩夢さんをフォロー

    通報する

▲