ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「おい」
    急に呼び止められた。振り返ると幼なじみがいた。

    「なに、今日用事あるから先帰るって連絡したよね?」

    「用事ってなんだよ」

    「友達と買い物。」

    「男か?男だったら行かせられないな。」
    不機嫌そうに言う。

    「なんで?まあ女の子とだけど、」

    「そ。良かった。はやく帰ってこいよ」
    そう言って彼は優しく笑って私の頭をぽんぽんと撫でた。


    いつも意地悪なくせに急に優しくされると困っちゃうじゃん。

    ちょっとキュンとしたのはきっと疲れのせい。

    きゅん

    4

    ❤︎黒さや❤︎さんをフォロー

    通報する

▲