ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. この学校には、放課後に屋上に行くと……
    亡くなった人と会えると言う都市伝説があった。


    「……一樹、会いたいよ」

    屋上への階段を登りながら呟く。

    一樹は私の幼馴染み。1か月前に事故で亡くなったけど……。

    私は友達から聞いた都市伝説を思い出す。

    放課後に屋上に行くと、亡くなった人と会える。

    それが本当なら……一樹に会いたい。


    屋上のドアを開けると、そこには人影があった。

    「……未来。来ちゃったの?」

    聞き慣れていた、声。

    「一樹……!」


    「……ごめんね、死んじゃって」

    「ううん……会えてよかった……お別れ言えて、よかったよ……!」


    泣きじゃくる私の頭を、一樹は撫でる。


    「来世で会おう。……ずっと好きだったよ、バイバイ」

    そう言って、彼は消えた。

    「今さら、遅いよ……!」


    バイバイ。一樹。

    来世でも幼馴染みでいたい。

    ちゃんと、好きって言いたい。

    きゅん

    9

    桜庭友姫さんをフォロー

    通報する

▲