ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. テスト中。
    隣の席の夕紀から手紙が回ってきた。
    はるは、おもわず夕紀の方を見た。
    夕紀はにこりと笑って
    『手紙を見て』
    とテストの端に書いた。手紙を見るとそこには、
    『はる、僕のものになってたらこんなテスト楽勝だったのにね。今からでも僕のものになる気はない?』
    と書かれていた。
    それが告白だとわかるのにはまだ時間が必要だった。

    きゅん

    1

    みゃーるさんをフォロー

    通報する

▲