ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「明日も試験だろ?早く寝ろよ〜笑」

    実は試験前日にみやび先輩と電話してるの。
    みやび先輩は1個上ですっごい頭良くて仲のいい先輩。

    わたしの好きな人。

    「笑笑はーい!
    じゃぁ寝るんで先輩私が寝たって思ったら電話きってください!笑」

    「いや、俺のが先にねるかも笑てか、正直さ、この前帰省した時お前らの代の何人かに会おうかと思ってた。笑」

    …なにそれ。私も先輩にめっちゃ会いたかったし…。

    「帰ってきてたんですか?」

    「うん。△日から〇日まで。まぁ。予定埋まってて暇なかったんだけど笑」

    「なんですかそれ。私その日模試でしたよ。会いたかった…」

    「あと1ヶ月は帰ってこんなー」

    「うん…」

    「まぁあとちょい頑張れ。どっか合格したら奢ってやるよ笑笑」

    「ほんと!?頑張る。笑笑」

    でもね。先輩。本当は会えるだけで喋れなくなるくらい嬉しくてドキドキしてるの。
    それくらい好きです。

    きゅん

    7

    どらむがーるさんをフォロー

    通報する

▲