ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 「おい。茜!見せろよ。」
    「なんで…」
    不良のくせに珍しく授業に出てるなぁって思ってたら結局何も持ってきてなくて私が見せなきゃいけないとか…めんどくさ。
    「いいだろ!じゃなきゃ授業わかんねぇじゃん。」
    そりゃそうだ。授業はそういうものだ。
    「…はいどうぞ!!」
    半ばイライラしながら机を寄せて見せる。
    「あざす!マジ神!」
    教科書見せただけなのに、爽やかな笑顔でこっちを見てくるもんだからちょっとドキッとした。
    熱くなる顔のせいで彼のことを見れなくてしばらく真剣に先生を見ていた。
    10分後。
    隣が静かなので見てみると…
    私に教科書を見せろと言った不良はスヤスヤと寝ていた。


    さっきの私のドキドキ返せ!!

    きゅん

    5

    霧村 満月さんをフォロー

    通報する

▲