ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 女1「ちょっとあなた」

    私「...。」

    女達「きゃー!あなた今真理亜様のお言葉を無視したわね(怒) 」

    私「で?」

    女1「まぁいいわ!その代わり放課後校舎裏に来る事ね♪」

    スタスタスタ...

    私「だりぃ」



    放課後...

    女達「よく来たわね」

    女1「あなたはこの学校にいらないの!ゆう様は私のものなの!」

    そう私の彼氏はゆう。ゆうは暴走族の総長をしているから人気なの。だからいつもこれ、。

    私「あのあんたらさこんなこと何回やるの?(笑)私はゆうとは離れないよ、!」

    女1「そ、今日は違うわよニヤニヤ」

    私「え?」

    男達「いいのか?こんないい女ニヤニヤ」

    女1「えぇ!どーぞ」

    私「やめてっ」

    「人の彼女に何してるのかなぁ」

    女達&男達「ゆう様?!すいませんでした、!」

    ゆう「大丈夫だったか?ごめんな。」

    私「大丈夫!ありがと♡」

    私&ゆう「大好き」

    きゅん

    13

    クレイジーガール♪さんをフォロー

    通報する

  3. こんにちは!
    高校2年桜井萠花(さくらいもえか)テニス部私には憧れの先輩がいる
    高校3年の高城幸(たかぎこう)サッカー部
    ~始まり~
    部活中。もう5時間は練習してる
    意識も朦朧としてきた
    萠花「もう無理かも」((バタッ
    ?「桜井!大丈夫か?!」
    ~in保健室~
    萠花「ん、、ここどこ?」
    ん?!幸先輩が隣で寝てる?!何で?とりあえず起こすか
    萠花「先輩!」
    幸先輩「ん?起きたのか?体調はどう?」
    萠花「もう大丈夫ですけど、なんで先輩が?」
    幸先輩「お前が倒れたから保健室に運んだ」あれ?先輩部活中じゃなかったっけ?
    幸先輩「今はっきりした」
    萠花「?」
    幸先輩「桜井!俺はお前が好きだ!桜井が倒れた時起きなかったらどーしよってあんなに怖くなったのは初めてだ!付き合ってくれ!」
    萠花「よろしくお願いします!あっそ〜だ先輩私は入学式の時から好きなんですからね!」
    幸先輩「その言葉反則だよ…///」

    きゅん

    7

    クレイジーガール♪さんをフォロー

    通報する

▲