ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 『好きです!付き合って下さい!!』
    バレンタインデーの日の放課後、彼に伝えた思い。
    チョコレートと共に渡したこの気持ち。
    彼の答えは、、、
    『ごめん、俺、今は部活に集中したいから、、
    だから、友達のままでいて下さい。』

    『そっか…そうだよね…部活忙しいもんね…
    ごめんね…』
    私はそう言って呆気なく終わってしまった。
    チョコレートはもらってくれて嬉しかった。
    だけど、
    この気持ちはすぐに切り替えることは出来ない、、、
    告白して何ヶ月が過ぎた今でも君のことが大好きです。
    君のことを思い続けても良いですか?

    きゅん

    3

    Jointsさんをフォロー

    通報する

▲