ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 今、1年生の後輩にチョコ渡しに来てます///

    「海人、ちょっといい?」

    「はい...?」

    「......はい////...........」

    「えっ!?........僕がもらっていいんですか??」

    「うん。」

    「ってことは、両思いですね。」

    「えっ!?」

    「じゃあ、ホワイトデーは.....僕が先輩、もらいにいきますね///」

    「//////」

    「その前に、もらいにいっちゃうかも知れませんけど...」

    後輩君が、かわいすぎてキュン死しそうです。

    きゅん

    7

    勝運。さんをフォロー

    通報する

  3. あたし、親友の男、レンが好き。



    てか、男としてしか、最初から見てなっかった。





    「レン!!はい...」





    「........俺に??ありがと。これってさ、本命って思っていいんだよな?
    てか、お前のは、本命意外受け取らないけど...」






    「////あたしもレンには本命意外あげるつもりないから。」






    「じゃあ、....今からうち来る?」





    「.....うん///」








    こうして、あたしたちは、一番の親友から、一番の恋人になりました。

    きゅん

    4

    勝運。さんをフォロー

    通報する

▲