ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. カノン
    -叶望-
    AM 7:00

    「あ〜(ó﹏ò。)ウゥゥどーしよ

    今日から学校だよ(ノω・、) ウゥ・・・」

    また、中学の時みたいにならない…よ…ね?

    AM 7:45

    「わぁ、すっごい綺麗な学校」*✲゚*。✧

    友達とかできるかな?

    あ!
    早くクラス分けみなきゃ!


    う〜ん( ´•ω•)
    人多くて見えないな

    こういう時ってさ、やっぱり背が高い人っていいなって思うよね(´,,•ω•,,)

    私は身長154cmという驚異的な背の低さだから困るな
    ( •́ㅿ•̀ )はぁやっぱりしばらくまって人が少なくなってからみよ

    (。・ω・。)クルッ(。・ω)クルッ( )クルッ()+.

    ばふっ

    「うわぁ!」

    「ごごごごご、ご、ゴメンナサイ」

    (/ω・\)チラッ(顔をあげる)

    「あ、うん大丈夫だよ?ごめんね。何かビックリさせちゃったみたいで」

    きゅん

    1

    M.I( •ω•ฅ)さんをフォロー

    通報する

▲