ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 放課後、部活が終わり一緒に帰る約束をしていた幼馴染のもとへ行く。


    ガラガラ「隼人!遅くなってごめん!」


    「おせーぞ春香、どんだけ待たせんだよ。」


    隼人は私の幼馴染でちょっと無愛想。


    「ごめんって、顧問の話長くてさ。」


    「まーいけどさ。ほら帰るぞ。」


    隼人は手を差し出した。


    「え?」


    「え?じゃねーよ。お前可愛いから…俺のもんだって見せつけねーとな!」


    「わかったら行くぞ。」


    「―――うん!!」


    隼人はちょっと無愛想でかっこいい私の自慢の彼氏なんだ!

    きゅん

    2

    tumikiちゃんさんをフォロー

    通報する

▲