ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私はこの世にいない!っいわゆる
    『ゆうれい』ってやつ!!!
    でも、私には好きな先生がいてその先生の授業を見るのが好き!先生はいること見えてないけどね!

    『今日も先生は1段とカッコよすぎだね!ここからの眺め最高!!!』

    私のいる場所、それは教卓の中!

    『先生〜、お〜い、って気づくわけないか!』

    これを毎日繰り返す事が私の日課!

    『今日も先生と目があった』

    なわけないんだけど、こんなことを考えてないとゆうれいなんてやっていけないな!!!

    きゅん

    1

    イチゴからのミルクさんをフォロー

    通報する

  3. 明日外国に引越しをする
    私には幼なじみのたくとがいる、私の好きな人でもある
    今は荷物を整理している途中

    『なな〜、早く終わらしなさーい!』

    『分かってるよー、あ、おかーさー
    って、なんでたくとがいるの?』

    『お前さ、なんで言わないの?俺ら、一番の親友で幼なじみじゃないのか?』

    『え?』

    『引っ越すこと、一番に言えよ!言わなきゃいけないことたくさんあるのに言えないままになっちゃうだろ!』

    『なに?言いたいことって??』

    『なな、お前はただの幼なじみだと思ってると思うけど、俺はいつもの大好きな人で大切な人だった。
    ずっと好きだった!付き合ってください』

    『なになに?』
    私は涙が止まらなかった
    だって、ずっと想ってるのは自分だけだと思っていたから。
    『私も大好きだよ!大好きななたくとが応援してくれてたから、部活の部長も出来たんだよ!』




    『ありがと』

    きゅん

    5

    イチゴからのミルクさんをフォロー

    通報する

  4. 今日は卒業式。大好きな先輩が卒業しちゃう!一年前初めて声をかけたあの時から好きだった先輩。今日こそは、ちゃんと気持ち伝えなきゃ、もう会えなくなっちゃう!


    『先輩ずっと好きでした』
    『何でさ、今更言うの?』
    『えっ?』
    『だって、付き合ったら学校では話したり出来ないじゃん』
    『え?』
    『だから、俺も好きだったよ!初めてななが声をかけてくれた時から』

    きゅん

    7

    イチゴからのミルクさんをフォロー

    通報する

▲