ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 「峻輝先輩!」

    「なぁに?」

    なんで帰り誘ってくれたんですか?って…
    聞きたいのに恥ずかしくて聞けない。

    「なんで、さ…さそ…」

    私がしどろもどろしているところを見て、
    峻輝先輩はクスッと笑った。

    そして…

    「美琴可愛い。」

    峻輝先輩の手が私の頭に置かれた。

    きゅん

    1

    なー♥️さんをフォロー

    通報する

▲