ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 私には憧れの先輩がいた。いつも気になって仕方がない…ある日、放課後に呼び出された。場所は校舎裏だった。先輩まだかな……
    と思ったら後ろからギュッとされた。わけも分からずビックリしてると大好きな先輩の匂いがした。先輩は、びっくりした??と笑いながら家まで送ってくから一緒に帰ろっ!と言われた。嬉しくてしょうがなくてはいっ!と答えた。門を出たら私の手に先輩の手が握られ、手を繋いで帰った。

    きゅん

    4

    えみずりきさんをフォロー

    通報する

▲