ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 2件ヒットしました

  2. 「じゃあな?」

    そう言われ○○くんは
    私の頭を軽く2回ポンポンと叩いた

    ドキッ

    高鳴る私の胸

    あぁ…好きだ…

    いつ想いを伝えようか

    今だ、今だ、今しかないんだ



    「ね、ねぇ!!○○くん!!」

    「あ?」

    そう言ってだるそうに振り向く彼

    「好きだよ!大好きだよ!」

    今の気持ちをそのまま伝える

    赤くなる私の頬と彼の頬

    彼は口に手を当てこう言った

    「実はな…












    俺もだ」



    END.

    きゅん

    1

    フェアリーピエロさんをフォロー

    通報する

  3. お前は俺のわかった?

    きゅん

    0

    フェアリーピエロさんをフォロー

    通報する

▲