ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. ただ今、午後6時30分。

    私...里奈はある人に会いに体育館に来ていた。

    そのある人とは、

    「あっ、杉野先輩いた。」

    1つ上の杉野先輩。

    私の好きな人。

    杉野先輩は丁度体育館の戸締りをして帰ろうとしている。

    私は今だ!と思い

    「あ、あの!杉野先輩!バレンタインのチョコ受け取ってください!!」

    杉野先輩に駆け寄り唐突にそう言ってしまった。

    「お、里奈ちゃんだー!何、俺にチョコくれるの?」

    家が近所のため杉野先輩は私の事を知っている。

    「えっと、はい!あ、あと好きです!杉野先輩のこと。」

    うわぁぁ!何言ってんだ私!杉野先輩もポカーンとしちゃってるし。

    「ご、ごめんなさい!気にしないでください。」

    私はとっさに謝り杉野先輩に背を向ける。

    すると後ろから抱きしめられた。

    「ねぇ、今の本当?それだったら俺すげぇ嬉しいんだけど。」

    「え?」

    「好きだ...里奈。」

    きゅん

    9

    菜都乃さんをフォロー

    通報する

  3. 夏もそろそろ終わりを告げる9月の中旬...

    私、五花(いつか)は聞きたいことがあり、幼なじみの柊(しゅう)と一緒に帰っていた。

    「で、聞きたいことってなんだよ。」

    面倒くさそうにこっちを向く柊

    「柊ってその、三年の町田先輩と付き合ってるの...?」

    私の質問に柊はポカンとする。

    「は?お前の聞きたいことってそれ?」

    「だって!聞きにくかったんだもん!!」

    私は顔を赤くしながら恥ずかしく答えた。

    「付き合ってねーよ...大体好きなやついるし。」

    その好きな人を愛おしく思う柊の瞳は優しかった。

    「そっか...その人とお幸せに!!」

    泣きたくなり早足で歩こうとすると、急に腕を引っ張られた。

    「俺に幸せになってほしいの?じゃあ五花が俺を幸せにしろよ。」

    「ふぇ...?」

    「俺はお前のこと女としてしか見たことないから...」

    それから早足で歩く柊の頬は微かに赤かった。

    きゅん

    12

    菜都乃さんをフォロー

    通報する

  4. 今私は友達の友美と一緒に体育館に来ています!!

    体育館ではバスケ部の練習試合みたいなのがされていてコートの周りには女子がたくさんいる。

    女子が注目しているのは通称クール王子の啓太君!

    超無口だけどイケメンで女子にモテモテなの。

    そして、運動神経も抜群!!ほら、ボールが吸い込まれるようにゴールに入っていった!

    その瞬間体育館が

    「キャァァァァ」

    と黄色い歓声で包まれた。もちろん隣にいる友美も

    興奮して叫んでいる。私には全く理解出来なかった

    なんであんな無口がキャァキャァ騒がれんのよ。

    そんな事を思いながら呆れていると、コロコロとボールが私の方に転がってきた。

    めんどくさいと思いながらコートに行き啓太君にボールを渡すと...彼は小さく笑い

    「サンキュ...」

    と言って私の頭をポンポンしてきた。そしてコートに戻っていった。

    赤面してる私の顔。


    私少し理解したかも♡

    きゅん

    11

    菜都乃さんをフォロー

    通報する

  5. 今は理科の授業中。

    担当の先生は生徒からモテモテのイケメン先生。

    そんなモテモテ先生と平凡な私は付き合っています!


    今日も先生カッコイイなぁ〜〜

    白衣似合うなぁ〜〜


    と自分の世界に浸っていると...


    ぺしっ!


    っと誰かに叩かれた。

    頭を抑えながら見上げると犯人はなんと先生だった。

    先生は

    「お前自分の世界に入んなー!」

    とか言ってきた。

    そして、他の人達に

    「資料集読んどけ〜」

    と言ってまた私の方に振り向いた。

    そして小さいメモ用紙を私に渡して教卓へと戻っていった。

    こっそり中身を見ると...


    ──────────────
    今日放課後理科準備室おいで。
    ──────────────
    たくさん甘やかしてあげるから
    ──────────────


    そう書いてあった。

    やっぱり先生は私の自慢の彼氏兼先生です!!

    きゅん

    5

    菜都乃さんをフォロー

    通報する

▲