ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 私は咲輝(さき)には幼なじみの夏名(かな)がいる通称ナツ。女のような名前だけど、なぜこうなった?ってぐらい運動好きで、男臭い。でも私はそんなナツが好きになっていた。バレンタインデーは、友チョコとして高校まであげている。お返しがブランドチョコってこともあり快くあげていた。毎年のように今年もやり今回は、どこのチョコかなーとか思いながら学校から帰っていた。その時、
    「さき!」という低く聴き慣れた声に引き止められた。私が返事をする前にお返しチョコと「おれ、お前のこと好きなんだけど。だから俺から離れんなよ。」
    って衝撃発言がナツから降ってきた。私はナツの事が好きだから
    「離れてないんだから、私がいかにも離れてるみたいな言い方すんなバカナツ」
    こう言った時唇にナツが重なった。キスよりも少し驚いたことがある。ナツは珍しくいい香りがした。そしてナツじゃなくて夏名って呼ぶ今の関係が大好きだ。

    きゅん

    13

    田中 博さんをフォロー

    通報する

▲