ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. 「きゃ〜!翔くん、またね〜!」
    「またね♪」

    ヒラヒラと可愛く手を振る翔くん
    彼はみんなの王子様だ

    …表向きは

    「何見てんの?」

    ヒッ! やばい…どうしよう

    「2人っきりだし、お前になにしても大丈夫だよな?」

    気づいた時には背中にヒンヤリとした壁があって…
    翔くんの顔は甘い吐息がかかるほど近くて…

    「か、翔くんっ… 私何もしてなっ…んんっ!」

    なんで翔くんがキスするの?
    私はただ、意地悪な性格を隠さないでいいだけの存在でしょ?

    「やめっ…んっ 苦しっ…よ…ふぁ…」

    やっと唇を離してくれた翔くん

    「何がやめてだよ…」
    「え?」
    「あいつには、キスされてやめてって言わなかったのかよ…」

    昨日の見られてたんだ

    「でも、翔くんには関係ないでしょ?」

    「関係あんだよっ!!」

    こんなに余裕のない顔なんか見たことない
    なんで…



    二人の未来は「好きじゃなく…ない?」で!

    きゅん

    9

    花音 叶愛さんをフォロー

    通報する

  3. 入学式の日…

    初めて出会った彼は優しい笑顔で名前を言った

    王子様…

    その言葉が似合う彼


    そんな彼は、実はめちゃくちゃ意地悪でした

    でもめちゃくちゃ優しくて、真っ直ぐで、私に愛を教えてくれた、大切な人

    きゅん

    4

    花音 叶愛さんをフォロー

    通報する

▲