ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 10件ヒットしました

  2. 「せーんぱい。❤」
    「ん?」
    「わんわん。」
    「誰だ?このかわいいワンコは?」(わしゃわしゃ)
    「先輩!わしゃわしゃしないでーー」
    「あーごめんごめん、つい可愛かったものでー(笑)わしゃわしゃされたくなかったらそんなかっこうするんじゃないよー」
    「狼好きなんですよー」
    「で、なにしてんの?」
    「あっ、お菓子くれなきゃいたずらするぞー(笑)」
    「あっ、ごめん!今持ってない」
    「じゃ、先輩をください」
    「はっ?」
    「いや、だから。付き合ってください。」
    「えっ?」

    きゅん

    17

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  3. 「3連休どうすんの?」
    「勉強教えてー」
    「いいよー」
    「やったーー」

    きゅん

    3

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  4. 「おはよう」
    「おぅ、おはよーう」
    「昼休みちょっと話があんだけど、屋上に来てくんねーかな?」
    「別にいいよ」

    きゅん

    2

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  5. 今日は、カフェテリアで先輩におごってもらう!!
    そこで…

    きゅん

    0

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  6. ある日突然名前を呼ばれて振り向くと…

    きゅん

    2

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  7. 「今日は、何の日だ?」

    「えっ、きょ、きょ今日って」

    「動揺しすぎ」

    「先輩がそんなこと聞くからです」

    「わりーわりー、でっ今日は何の日だ?」

    「絶対わるいとおもってないなー、一回しか言わないですよ!ホワイトデーですー」

    「はい、良く出来ました」

    「何なんですか?今日龍先輩おかしいですよ?」

    「今日が何の日か聞いちゃいけないのかよー!」

    「あ、龍先輩ほっぺた真っ赤ー可愛い」

    「カッ、かわいいわけねーだろ。次そんな事言ったら置いて変えるからな」

    「いいもん、追いかけてやるから」

    「そのセリフは言っちゃダメそして笑うなー」

    「なっ、……っふ」

    「我慢出来なくなるだろ!今のがお返しだからな」

    きゅん

    12

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  8. 「もしよかったら、今日クレープ一緒に食べに行かない?」
    「あ、いいよ。ってかちょうどどこかいきたいと思ってたからラッキー」
    「一人じゃは入れないからさ、ごめんね」
    「いいよ、気にしなくて」
    私はあいつのことが好きだ。
    さっきは、普通を装うのに必死だったけど、あいつとふたりでクレープなんてかんがえただけで顔が真っ赤になりそうだ
    でもすごく楽しみ
    クレープを、食べてるときにあんなことを言われるとは思ってなかった…

    きゅん

    8

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  9. 「今日は、一緒に帰らないか?」
    そう言ってきたのは、幼馴染み
    うちは、こいつのことなんか大嫌い
    だけどうちが彼氏と別れてからなんか様子がおかしいの
    前までは、一緒に帰らないか?何て絶対聞いてこなかかったのに…

    きゅん

    3

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  10. 憧れの先輩にある日突然話しかけられた
    その日から先輩が会うたびにはなしかえけられるようになった

    きゅん

    6

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

  11. いつも何気なく話してくれる優しい先輩
    私はいつしかそんな先輩が好きになっていた

    きゅん

    2

    あーたんにゃーさんをフォロー

    通報する

▲