ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 2件ヒットしました

  2. (今日も部活終わってから自主練してる…)
    私の幼なじみ、悠介。
    「今日も自主練してて凄いね!」
    「だって、明日試合だし」

    「でも残って自主練してるの悠介だけじゃん!やっぱ悠介は凄いな」
    「いつも見ててくれたのか?」

    「あたりまえ。いつも見てるよ!」
    「そうだったのか…。
    明日さぁ、試合なんだよね。」
    「うん、知っとる」
    「見に来てよ…!」
    「うーん、いいよ!見に来たげる!」
    「俺さ、明日三点決めるから!」
    「ホントに〜?(笑) 言ったな!」
    「そしたら…」
    「ん?」


    「俺と……
    付き合ってよ!」



    「え!?」
    「お前にかっこいいとこ見せたいから自主練してた。 明日絶対決めるから!絶対見に来いよなっ」
    クシャッ
    (立ち去る)

    「うん!」
    私は嬉しくて思わず後ろから抱きついた♡

    きゅん

    11

    星野レナ⭐️さんをフォロー

    通報する

  3. 7時26分 2両目
    彼はいつもここに乗る

    高校はなれたけどこの時間、この車両に乗れば彼がいる

    今日も偶然を装って話しかける

    「あっ!悠介おはよっ!」

    「おぉ!はよっ」

    いつもしているこの会話
    私の至福の時間だ

    「お前さ、いつも同じ電車だよな」

    「この時間に乗るって決めてるんです〜!」

    「はぁ?お前部活やってねぇだろ
    もっと遅い時間じゃねぇの?」
    「悠介と違って部活なくても早起きなんです〜(笑)」

    「毎回同じ電車なのか...」
    「そうだけど、急にどうした?」

    「明日も?」
    「そーだけど...」

    「よかったぁ」
    「なにが!?」

    「お前なぁ...
    いいかげん気づけよ!」
    「なにに?」

    「俺がこの電車ねらって乗ってること!」
    えっ... 今なんて?

    「小さい頃からお前が好きだ!」

    きゅん

    41

    星野レナ⭐️さんをフォロー

    通報する

▲