ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 同級生の何か惹きつけるような魅力が有る彼から大事な話が有ると呼び出された。
    私は彼にバレンタインにチョコを渡した。
    丁度今日がホワイトデーの日私は彼の待つ屋上にワクワク期待しながら急いで向かった。彼はそこに待つて居た私はどうしたのて?聞いて見た彼は顔を赤くしながら照れたように話をしてきた。いきなり呼び出してごめんね。俺は君の事が好きなんだ良かったら付き合って欲しい。絶対に幸せにするから俺の側に居て下さい。
    バレンタインのチョコ君から貰えて凄く嬉しかった。

    きゅん

    7

    小春ラブさんをフォロー

    通報する

▲