ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私のはつ恋は、隣の席の立花君



    チャイムが鳴って授業が始まる
    横の立花君は私の方に顔を向けて時々寝てる




    その時間は私にとったら
    バレないかなって思って
    こっそりと見ちゃうのが私の日課…笑



    相変わらずマイペースな人


    同じ目線で腕に顔を乗せて立花君を見る

    ……って待ってパチッと目が合っちゃっ…た



    やばい…目が離せない。。
    授業中だから口パクで私に立花君が



    立花君『…み・す・ぎ』


    私『う・る・さ・いー』


    立花君『ばー・か』



    腕に顔を乗せてちらっと見える
    立花君の笑って照れた顔が
    また私の鼓動をうるさくする




    授業中こっそりと会話…
    私にとったら凄く嬉しい




    いつか立花君に『好き』の2文字を伝えたい

    きゅん

    8

    Hime..さんをフォロー

    通報する

  3. 夏休みに付き合ったから
    付き合って初めて学校で会う

    俺は早く2人っきりになりたくて

    龍斗 「おい!千夏帰るぞ!」

    千夏「龍斗…恥ずかしいよ…」

    ボソっと耳元で呟いて赤面する
    千夏が、くっそ〜可愛すぎんぞ


    きょとんと見る大好きな彼女に
    グシャグシャって撫でてやる


    千夏「もお〜グチャグチャになるよ〜」


    そんな怒る千夏も照れながら笑って
    上目遣いでみてくるこの可愛すぎる彼女どおにかしてくれよ…

    きゅん

    9

    Hime..さんをフォロー

    通報する

  4. 「おせえ〜いつまでまたすんねん」

    「お〜ま〜た〜せ〜!!!!」


    後ろからおんぶする形に
    飛びついてくる


    「お前遅すぎやろ!早く行くで!」


    セットはしてない俺の髪を
    クシャっと撫でてくる


    「許せ〜許せ〜」
    「早く降りろや〜」


    仕方なく降りて先を行く彼女は
    後ろで真っ赤にする俺を気づかんやろな


    距離が開いて



    「早よしてや〜」


    ニッコリ笑う君にまた恋をしてまう
    ズリィよ…早く気づいてくれへんかな?


    青春は甘酸っぱいもの
    ((関西弁バージョン))

    きゅん

    11

    Hime..さんをフォロー

    通報する

▲