ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 2件ヒットしました

  2. 「おい瑞希」

    「何ですか」

    「服にコーヒーついてんぞ」

    「あ、ホントだ。着替えてきますね」

    流石にコーヒーがついたままでいるのま恥ずかしい。だから寮の自室で着替えるために生徒会室を出ようとした

    「着替えならあんだろ。ここで着替えればいいじゃねえか」

    が、それは阻まれた

    確かにここに着替えはある。なぜならここは生徒会フロア

    各生徒会員に小さいが部屋がある。会長の部屋は大きいけど。それで今私と会長は私の部屋にいる

    もちろんこの部屋にも着替えはあるが私が女だとバレるわけにはいかない。

    「いえ!俺着替えがないので戻ります」

    「ああ?あるだろ。脱げよ。」

    「大丈夫です!」

    「ったく、俺が脱がしてやるよ」

    ニヤリと笑いながら迫ってくる会長。そして

    ドンッ

    「うわぁっ」

    床に押し倒された。
    それと同時に

    バンッ

    「瑞希君!」

    結局副会長に助けられましたとさ。

    きゅん

    11

    ('ε'*)ゲストさんをフォロー

    通報する

  3. 黒髪おさげ。分厚い眼鏡。膝したスカート。そんな地味子ちゃんがイケメン5人組生徒会と出会って…!?

    この地味子のなかに隠れる美少女、恋がどんどん膨らむストーリーですっ!

    ぜひどうぞ!

    きゅん

    5

    ('ε'*)ゲストさんをフォロー

    通報する

▲