ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 8件ヒットしました

  2. 「よっ」ってお互いに挨拶した

    「今日渡したいものあって・・・」

    佑都から、チョコもらったあたし・・・

    「・・・・え?」

    「俺・・・・なって言うか・・・
    スキなんだ、お前のこと。友だちからでいいから距離
    縮めてお互いに好きって思ってたら、付き合えないかな?」




    「12000秒待って!!!!!」



    「長いわ!!!(笑)」



    そんな告白された


    次の日










    部活頑張ってるとこ見たらキュンとしちゃった。


    惚れ直した。

    きゅん

    3

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  3. 学校から呼び出された帰り道

    カフェによった。


    「ちょっとお茶しない?」

    「お金ないよ・・・」

    「俺がおごる」

    「じゃあいく」

    カフェに入った2人・・・




    「相談あるんだけどいい?」

    「うん」

    「俺  好きな人いるんだ!」

    赤面した 俺。


    「好きな人ってだれ?」

    「・・・・・・俺の目前にいるやつ。」


    私は言葉を失った

    「・・・・・・・・・・・」


    「あ、あたし?!」
    「えええぇえぇえぇぇ?」


    「付き合ってくれないか?」







    そのあとの答えはあなた次第です

    きゅん

    3

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  4. ある日ストーカー行為されてるのに気が付いた

    あの人…ネットの・・・って思った




    サクラなんぢゃないかって感じてたけど

    まさか・・・!!!!


    怖くなってコンビニに入って助けを求めた・・・・


    「助けてください・・・あの人ずっと跡つけてきてストーカーみたいなんです・・・」


    コンビニの店員さんにバックヤードに連れて行ってもらえた・・・

    「もう大丈夫ですよ・・・安心してください。」

    やさしく対応してくれた。



    その優しさが身に染みた・・・・


    家に帰ったら、コンビニのお兄さんも同じアパートに住んでて・・・・

    きゅん

    5

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  5. 今日から幼馴染としてじゃなくって

    「 彼氏として俺のこと見ててくれないかな?

    将来的には結婚したい。

    子供なんて高望みしない。

    おまえに痛い思いさせたくないし、

    つらい思いさせたくない・・・

    一生俺のそばにいてくれないか?

    ただそばに居てくれるだけでいい。 」そんな告白をあたしはうけた・・・

    返事はもちろん・・・


    イエス・・・・


    好きだからって理由ぢゃない。

    一緒に居て

    安心できたし、沢山お互いのこと知ってるから・・・・

    きゅん

    5

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  6. 放送中の放送室に入る先輩

    先輩:「マイク貸せ… 俺… ○○のことがすきなんだ。
       いじめたりしたらお前らをここに居られないくらいボコるから覚悟しとけよ。」

    放送室から出てくる先輩

    放送室のドアの前には偶然あたしがいた。

    先輩:後ろからギュッ・・・・・
    「俺が一生 お前を守ってやる。だから、俺が卒業しても、俺と今までとは違う感じなってしまうけど、お互いに時間できたら、デートしようそしていろんなとこ行こう… 」

    あたし: 赤面になりながら・・・「あたしでよかったら先輩にずっとついていきます。」
        
    先輩が美専卒業したら会えなくなるけど、あたしも卒業したら先輩と同じ仕事するって決めた

    先輩は美容師のアシスタントだからあたしも頑張るよ…

    先輩まっててね。

    きゅん

    1

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  7. 吹奏楽の部活帰り
    勇気だして、先生に告白してみた。

    あたし
    「笠井先生、チョコ受け取ってもらえませんか?
    ずっと先生がすきでした。」

    笠井先生
    困った顔して
    「困ったなぁーチョコは、受けとるけど食べれないんだ・・・
     俺、チョコレートアレルギーで・・・・・」

    あたし
    「 ・・・・・・ ごめん 泣 」

    笠井先生
    「 全然構わないよ 」
    チョコを受けとる

    「ありがとな!」


    あたし
    照れた顔をかくしてその場を去った。

    きゅん

    3

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  8. 彼と教室でさわいでた。

    同級生の竹村が、
    そのマフラーなんだよ?

    って・・・言った

    アタシがクリスマスにあげた
    マフラーのことみたいだった。

    彼は、

    ボソッっとつぶやいた。

    このマフラーがあったけぇーんだよ!

    あたしは赤面してた。
    今度、
    すきなやつに、プロポーズするから指輪買いに行くんだよ。

    それを聞いてたあたしは、
    涙こらえるの必死だった・・・・

    きゅん

    4

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

  9. 気になってるカレが、すれ違うときに

    あたしに告白してきた。

    「おれ、xxxのことすきなんだよ」って。

    あたしは友達とムダ話をしてた一瞬だった。


    放課後、カレと一瞬に帰った


    あたしもカレのことが大好きだったけど、

    アタシにはもったいなすぎて

    付き合えなかった

    きゅん

    6

    竹下 咲。さんをフォロー

    通報する

▲