ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 紗南『大輝‼︎朝練お疲れ〜‼︎バスケ部明日試合なんでしょ!ガンバだね』
    大輝「おぅ!紗南も朝練お疲れさん
    …てか、卓球部も試合だろ‼︎」
    紗南『あっ!そっか、でもあたし補欠だからね〜‼︎笑』
    大輝「…そっか‼︎次はレギュラー目指して頑張れよ!」
    紗南『うん‼︎そうだね』
    大輝「……あのさ」
    紗南『……?』
    大輝「今日、何の日か覚えてる?」
    紗南『……?…あっ!ホワイトデーだ!えっ‼︎なんかくれるの?』
    大輝「まぁ、それもあるんだけど…今日は紗南の誕生日だろ?」
    紗南『…そーだった‼︎』
    大輝「そんなにいいもんじゃないけど、コレやるよ」
    紗南『えっ!いいの?』
    大輝「あぁ」
    紗南『ヤッター‼︎もしかしてあたしがこのネックレス欲しいって言ってたの覚えてたの?』
    大輝「まぁ…でさ、俺お前のことずっと前から好きなんだ 俺と付き合ってください」
    紗南『…(泣)はい‼︎』

    きゅん

    11

    夜空星姫さんをフォロー

    通報する

  3. 大地「なぁ、俺にお前の時間頂戴」

    紗南『えっ!なにそれ笑』

    大地「だから、一緒にクリスマス過ごそうってコトだよ」

    紗南『…本当に私でいいの?』

    大地「いいからお前に言ってるんだろ?もう決まったからツリーの前行くぞ」

    ツリーの前に到着‼︎

    紗南『ワァ綺麗‼︎』

    大地「紗南」

    紗南『ん?』

    大地「俺、ずっと前からお前が好きなんだ!俺と付き合ってくれないか?」

    紗南『…ゥ…ウゥ…』

    大地「えっ!なんで泣くんだよ。そんなに俺の事嫌いか?」

    紗南『違う‼︎嫌いだったら今一緒にいないよ‼︎』

    大地「だったらなんで!」

    紗南『私も前から大地の事が好きだったから…大地の告白が嬉しかったから…』

    大地「マジで⁉︎」

    紗南『うん』

    大地「じゃあ、俺今から紗南の親に挨拶に行かな!」

    紗南『えっ!気がはやいよ‼︎笑』

    きゅん

    7

    夜空星姫さんをフォロー

    通報する

  4. 私も彼もバスケ部で部活が終わってボールを片付けていたら後ろからギュッってされて告白された〜‼︎

    きゅん

    4

    夜空星姫さんをフォロー

    通報する

▲