ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 放課後。
    いつものように屋上にいる。

    「せんぱーいっ!!」
    「また来たのー?」
    後輩の星夜くん。いつも私の所に来るの。
    「だって会いたかったんだもーん」
    「またそんなこと言って...」
    「先輩、どうしたら好きになってくれるの...」
    星夜くんはいつもこればっかだ。
    「そうだね。もっと男らしくなったらかな?笑」
    「男らしく...じゃあさ、」
    ちゅっ...
    「え?」
    「男らしく、キスしてみましたけど?好きになりました?」
    星夜くんは本当にずるい。///

    きゅん

    6

    りりかっちょさんをフォロー

    通報する

▲