ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 10件ヒットしました

  2. 「ルカ!」

    聞き慣れない低い声に振り向くと、美形な青年が駆け寄ってきた。

    「やっと見つけた……会いたかった!」

    抱きつかれて、一瞬思考が停止した。

    「だ、誰…?」

    彼は私のことを知ってるようだけど……

    「ボクのこと覚えてないの?」

    すると、彼は悲しそうに眉尻を下げた。その表情には見覚えがあった。

    「うそ……カイくん?」

    私は、イギリスへ引っ越してしまった幼なじみのことを思い出した。

    「Yas!」

    再び、私を抱きしめる彼。

    「約束は? 覚えてる?」
    「……うん」

    一気に当時の記憶が蘇ってきて、私はうなずいた。

    10年前のクリスマス、彼が旅立つとき。泣いてる私に、約束してくれた。

    『おとなになったら、ボクがルカのサンタになる』

    そして、迎えに来てくれる、って……

    「I love you forever」

    きらめく大きなツリーの下、彼は私の額に優しくキスした。

    きゅん

    4

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  3. 最後に聞こえた音は、強烈な痛みを伴った。

    「……?」

    目が覚めると、視界がボンヤリした。

    「梢ちゃん」

    優しい声がした方を見やると。

    「大丈夫?」

    頬に温かい感触がした。

    「佐伯、センパイ?」

    なんで先輩が?

    びっくりして、急速に意識が覚醒する。

    「俺のこと分かるんだね? 良かった……」

    安堵したような表情で、ため息を吐く先輩。

    「あ……私、ボールがぶつかったんですね?」

    サッカーの練習をしている先輩を見ていたら、こっちにボールが飛んできて……とっさに頭を下げたら、それが良くなかったようで。

    「あああ……すみません」

    恥ずかしくなって、両手で顔を隠す。

    「すごく心配した」

    顔から手を外され、そのまま握りしめられる。

    「せ、せんぱい?」
    「あのさ。目が離せないから、俺の彼女になって」

    先輩の言葉に、息を呑む。

    「好きだよ」

    うなずくと、唇が重なった。

    きゅん

    5

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  4. 「今日の実果、何か違うな」

    改札を通る人並みを眺めていると、大地が隣で呟いた。

    「そう?」

    視線を外せなくて、顔を見ずに答える。

    「ん……あのさ、オレ」
    「あっ」

    大地が何かを言いかけたけど、私はそれを遮ってしまった。

    「ごめん。……何?」

    無理やり視線をはがして、大地の顔を見上げる。

    「やっとこっち向いた」

    微笑みながら、私の髪を撫で回す大地。

    「ちょっ、何すんのよ!」

    さっき洗面所で整えてきたばかりなのに……

    今日は特別な日だから。

    あなたの目に留まるように、少しでも綺麗にしたくて。

    「相変わらず、仲良いな」

    ふと、大人の声がして振り向くと……あなたがいた。

    「親父か。おかえり」

    そう、あなたは幼なじみの父親で。

    「あの、誕生日おめでとうございます」
    「ありがとう。髪クシャクシャだね」

    彼の大きな手が私の髪を優しく撫でてくれて……ひどく胸が痛んだ。

    きゅん

    2

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  5. 「禅、ありがと……」

    そう言って俺の制服をつまんだ歌乃の手は、震えていた。

    先ほど電車内で中年の男に触られそうになったところを、気づいた俺が阻止して未遂に終わったんだけど。

    「けど、本当に良かったのか? 追いかけなくて」
    「いいの。逆恨みされたら困るし」

    未遂とはいえ、見ず知らずの男に近づかれて嫌な思いをしたよな。

    ……つか、俺もマジで嫌なんだけど。

    「禅?」

    歌乃の手を取り、人気のない路地へ入る。

    「俺に触られるのは、嫌?」

    握りしめた手に指を絡め、歌乃の顔をのぞき込む。

    「うっ、ううん」

    慌てて首を横に振る姿に、愛しさが込み上げる。

    「上書きしていい?」
    「えっ?」

    俺は、返事を待たずに歌乃を抱きしめた。

    「もう、あんな思いはさせない。俺が護るから」
    「禅……」

    こんなことがあってから気づくなんて、俺はバカだ。

    世界中の誰にも歌乃を渡したくない、って。

    きゅん

    5

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  6. 「永瀬先輩♪」

    放課後、廊下で後ろから声をかけられた。
    聞き覚えのあるその声に振り向くと……

    「会いたかった~!」

    姉の恋人の弟で、私のふたつ年下の麻生雅くんが駆け寄ってきた。

    「みやくん、合格おめでとう」

    無邪気な笑顔が可愛らしい。

    「サンキュ。オレ、ほたるに会うためにがんばったんだよ?」
    「そうなの? 私も会えて嬉しいよ」

    みやくんのことは小学6年生のころから知っているから、本当に弟のようで。
    自分の後輩になったんだと思うと、感慨深いものがある。

    「あのさ。カレシとはうまくいってんの?」

    急に真面目な顔つきで寄ってきて、私は押されるように壁まで後ずさりした。

    彼のお兄さんにも昔同じ質問をされたことを思い出して、やっぱり兄弟だなぁと思う。

    「うん」

    うなずくと、みやくんは壁に両手を突いて顔を近づけてきた。

    「ふうん。……あのさ。そいつと別れて、俺と付き合えよ」

    きゅん

    9

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  7. 足元にバスケットボールが転がってくる。

    「わり、取ってもらえる?」

    ネット越しに、同中の洋太が息を切らせながら声をかけてきた。

    「がんばってるね」
    「まあね」

    一年生で、もうレギュラー入りしてる洋太をうらやましく見つめる。
    センスがあって努力もしているから、当然なんだけど。

    不注意から足を捻って、練習にも出られない今の自分が情けなくなる。

    「はい」
    「サンキュ」

    ボールをネットの脇から差し出すと、洋太はカワイイ笑顔を浮かべた。

    この笑顔にやられたんだよね……

    中一のときに同じクラスになって、席が隣になって。
    洋太を追いかけて、バスケ部に入って。

    今では、バスケも大好きになった。

    「どうしたの?」

    なかなか受け取ってくれなくて、洋太を見上げる。
    すると、彼は私の手に手を重ねてきた。

    「よ、洋太?」
    「早く治るといいな。オレ、くるみと……くるみのバスケが好きなんだ」

    きゅん

    5

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  8. 放課後、図書室の一番奥に来て。

    ってメールをもらって、息を切らせながら指定の場所へ向かう。


    「お、お待たせしましたっ」


    そこにはすでに先輩がいて、慌てて駆け寄る。


    「息切れするほど急いで来たの?」


    先輩は楽しげに笑って、私の前髪を優しく整えてくれた。


    「だって、あの……は、早く会いたくて」

    「ははっ、ももちゃんはストレートだなぁ」


    先輩はポケットに手を突っ込んで本棚に寄りかかった。


    「バレンタインのお返ししたいから、ちょっとだけ目つむってて」

    「えっ……は、はい」


    不安と期待の1ヶ月……私は覚悟を決めて目を閉じた。

    カサカサと音がして。

    先輩が近づいてくる気配。

    唇にやわらかい感触がしたあと、甘くて硬いものが口の中に入ってきた。


    なに……キスと、飴?


    目を開けると、先輩はぎゅっと私を抱きしめた。


    「チョコありがとう。俺も大好きだよ」

    きゅん

    3

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  9. お昼休み、教室に突然やって来て。
    半ば強引に手を引かれて歩いてきたけど……
    着いた場所は、校舎の裏で。

    「どうしたんですか?」

    訳がわからず、蒼一さんを見上げる。

    「本当は朝一番にしたかったんだけどさ。ちょっと、後ろ向いて」
    「はい……?」

    言われるまま、蒼一さんに背を向ける。

    「おまえ、人目を気にするから」

    背後から手が伸びてきて。

    「誕生日、おめでとう」

    蒼一さんに、後ろからぎゅっと抱きしめられた。

    「あ、ありがとう……ございます」

    大きな体にすっぽり包み込まれて、ドキドキが止まらない。

    「好きだよ」

    甘いささやき声が耳をくすぐる。

    「私も、大好きです」

    振り向くと、蒼一さんは微笑んでキスをくれた。

    「俺のもんって、目印つけとかないとな」

    体が離れて、首に冷たい感触がした。

    下を向くと、銀色のチェーンが掛けられていて、その真ん中には蒼い石が輝いていた。

    きゅん

    2

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  10. 「おはよ」
    「わっ、びっくりしたー」

    後ろから、頭を軽くはたかれて顔を上げる。
    思った通り、犯人は向かいの家に住んでるアツシで。

    「おはよ。……なんで笑ってるの?」

    朝は大抵不機嫌なのに、今朝はなぜか顔をにやつかせてる。

    「いや、サキってわかりやすいよな」
    「なんのこと?」

    隣に並んでアツシを見上げると、彼は私の髪をクシャっと撫でた。

    「ホントに切るとは思ってなかったからさ」
    「えっ?」

    私は慌てて髪を整えた。

    だって、アツシはショートカットが好きだって……

    「あっ」

    その情報源がもう一人の幼なじみのメイだったことを思い出し、がく然とする。

    「うそ、ハメたの?」

    アツシは答える代わりに笑った。

    「つか、髪型で好きになるわけじゃねーし」

    そう言って、手をつないでくる。

    「けど、案外似合ってんじゃん?」

    アツシは嬉しそうに何度も、私の髪をクシャクシャと撫でた。

    きゅん

    6

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

  11. 「おい、起きろ」

    小さく肩を揺さぶられ、まぶたを開く。

    「もう完全下校時刻だぞ」
    「はっ……うそ、寝ちゃった!?」

    慌てて顔を上げると、先生があきれ顔で私を見下ろしていた。

    「ひとりで居残ってたのか?」
    「はい。私、要領悪いから」

    冗談交じりに言ったのに、先生の目が同情のようなまなざしになる。

    「捨てられた子猫を見るような目つきで見ないでください」

    今度ははっきり冗談とわかるように、笑ってみせる。

    「そういう目では見てないよ」

    なのに、先生は真面目な顔で見つめ返してきた。

    「じゃあ、どういう気持ちで見てるんですか?」

    さして期待もしないで、プリントをまとめながら訊いてみる。

    「それは……内緒。ほら、帰るぞ」

    ふいに頭をポンポンと優しくたたかれ、私は先生を見上げた。

    「いつか、教えてくれますか?」
    「卒業するまで待てたらな」

    先生はまっすぐに私を見て、微笑んだ。

    きゅん

    7

    春月カオルさんをフォロー

    通報する

▲