ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 只今テスト真っ最中!
    緊張するうう!

    なんて言ったって、テスト監督は皆んなにはナイショで付き合ってる担任の浅倉先生。

    皆がテストに集中してるのを良い事に、口パクで『好き』『愛してる』『ご褒美もらえるかな?』とか言ってくるから全く集中できない.……

    しかも!

    基本教卓なんだけど、たまに教室を巡回している最中に髪クシャってしてくの!!
    集中できる訳がない。

    ついうっかり、消しゴムを落としてしまった。

    静かに手を挙げると先生が拾ってくれる。

    そっと、手渡してくれた時に耳元で囁く。

    「テストの結果、クラス1位じゃなかったらお仕置きね」

    ぴぇ!

    チラリと先生の顔を見るとイタズラっぽく笑っている。

    それから、先生は口パクをしなくなった。
    私は必死に問題を解く。

    だけど、先生のいう"お仕置き"が気になりすぎて、やはり、私は集中できないのだった。

    「先生ごめんねお仕置きして」

    きゅん

    5

    哀川 羽純さんをフォロー

    通報する

▲