ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 私は、後輩の男の子とお昼休みに色々話をしています。
    「ねぇねぇ、圭くん。」
    「先輩どうしましたか?」
    「今日、大変なことあった?」
    「...授業中、先輩に会えないことですかね」
    「...えっ?!」
    私は、びっくりした。
    「あの、先輩!僕...先輩のこと好きです!」
    「...うん。」
    「良ければ、僕と付き合ってください!」
    キュン!
    「いいよ!私たち、付き合お!」
    ポンポン
    私は、圭くんの頭をポンポンした。
    「ちょっと先輩!」
    「何?」
    圭くんは、私のおでこにキスをした。
    「圭くん...大胆だね。」
    「先輩がした倍で返しました!笑」
    終わり♡

    きゅん

    0

    安藤 雪姫さんをフォロー

    通報する

  3. 「急に呼び出してごめん」
    「全然、大丈夫だよ!で、どうしたの?」
    「あの...バレンタインのお返しのチョコを渡そうと思って」
    ドキッ!
    「ありがとう。」
    「あとさ、今日、お前ん家、行っていい?」
    「うん、全然いいよ。」
    「じゃあ、今から、靴箱まで競走な!」
    「えっ!!待ってよ〜」

    きゅん

    1

    安藤 雪姫さんをフォロー

    通報する

  4. ある日の出来事
    「ねえ、今日って、何の日か知ってる?」
    「えっ?バレンタイン?」
    「正解!てことで、ハッピーバレン
    タイン!」
    ドキ!
    「お前のこと、ずっと前から、好きだっ
    た。」
    「えっ!!」
    「俺と付き合って欲しい。」
    「....私でよければ、よろしくお願いしま
    す」
    二人は、バレンタインのきっかけで、付き合うことになった。

    きゅん

    1

    安藤 雪姫さんをフォロー

    通報する

▲