ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. いつも通り、部活でバスケをしていたのだが、パスがミスしてしまい、突き指をしてしまった。

    顧問の先生に「保健室に行きなさい」と言われ、保健室に来たのだが、肝心の先生が居ない。

    すると、教育研修の先生が保健室にやってきた。

    「どうしたの?」

    「えっと、突き指をしてしまって……」

    「ちょっと待っててね。……はい、これで大丈夫だよ。」

    「あ、ありがとうございます。」

    「バスケ部?練習頑張ってね」

    そう言い、私の頭をポンポンと優しく撫でてから、爽やかな笑顔を私に向けた。

    きゅん

    1

    Nem。さんをフォロー

    通報する

▲