ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 1件ヒットしました

  2. 私は、新山 桜
    今はホームルームが終わり一息ついている所

    「さっちゃん‼︎今日家に来ない⁉︎」
    元気に話しかけてくるのは、
    私の幼馴染で好きな人でもある古山 楓

    「そういうのは、好きな人にしか言っちゃダメ‼︎絶対‼︎」
    また、可愛くないことを言ってしまった。
    なんでいつも素直になれないんだろう
    本当はすごく行きたいのに・・・
    でも仕方がない、だって相手には他に好きな人がいるから・・・

    考えてもどうしようもないと思い帰ろうとしたら・・・
    後ろから「待って〜」と聞こえたので
    振り返るとすぐそこに楓がいた。
    何を話したいのかわからないけど、もじもじしながら全然話さないので

    「何?」
    と聞くと、

    「あ、その、えっと・・・
    さっちゃんは特別だから、家に来てもいいんだよ‼︎」

    なんで・・・なんでそんなこと言うの・・・
    これ以上ないってくらい好きなのに、どれだけ好きにさせるつもりなの・・・

    きゅん

    5

    くさびさんをフォロー

    通報する

▲