ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 4件ヒットしました

  2. 「先生〜」

    「なんだ?」

    「教科書忘れたんで隣の人に借りてもいいっすか?」

    「あぁ、いいぞ」

    「「……」」

    「ねぇ無視するの?((ボソッ…」

    「うるさいです((ボソッ…」

    フー

    「ヒャッ!!な、何、す、」

    「クスクス。かっわい〜」

    「///う、うるさいです!!前を向いて下さい!!」

    「厳しいね〜。でも、お前を落としてやるよ。
    お前を好きなんだからな」

    「なっ!!//」

    「覚悟しとけよ?愛しい人♪」

    きゅん

    5

    妖精♪さんをフォロー

    通報する

  3. 「ねぇ、俺の事好き?」

    「クスクス。可愛いね、ゆーちゃん」

    「なんでもっと頼ってくれないんだよ?!」

    「後ろからギュッてされるの好きだもんね」

    「俺の彼女になんか用?」

    「ずっと大切にするから結婚して欲しい」

    きゅん

    2

    妖精♪さんをフォロー

    通報する

  4. 夏希「和紀先生!!」
    先生「まだいたんだね?」
    夏希「先生もまだ居たんですね」
    先生「ちょっと追いかけられていてね」
    夏希「大丈夫ですか?」
    先生「うん」
    ダダダ
    生徒「あれ?和紀先生は?」
    生徒「いなかった?」
    生徒「帰ったのかもしれないね」
    生徒「しょうがないね。帰ろっか」
    ガラガラ
    先生「ごめんな?」
    夏希「いえ!!(//・_・//)カァ~ッ」
    チュ
    夏希「え?」
    先生「ごめん」
    ポロポロ
    先生「ごめんな」
    フワ
    先生「じゃあな」
    夏希「先生!!」
    先生「ん?」
    夏希「嫌じゃなかったです」
    先生「え?」
    夏希「だから!!嫌じゃないです」
    先生「それって先生のこと好きってこと?」
    夏希「は、はい」
    先生「じゃ、付き合って?」
    夏希「は、はい!!」
    (//・_・//)カァ~ッ
    先生「カッワイ〜」
    夏希「うるさいです!!」
    「「クスクス」」
    先生「好きだよ」
    夏希「私もです」
    チュ

    きゅん

    0

    妖精♪さんをフォロー

    通報する

  5. 「好きだ」

    「逃がさないよ?」

    「こいつは俺のだ!!」

    「少しは嫉妬しろよ」

    「これ以上煽るな///」

    きゅん

    1

    妖精♪さんをフォロー

    通報する

▲