ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 3件ヒットしました

  2. 「茉央、ちょっときて」
    モグモグ『ん? なーぁに!』
    お昼、友達とお弁当を食べていたら類に呼ばれた
    実はこのイケメン幼なじみ私の彼氏です!
    うーん 今日もかっこいい!!((こんなこと思ってる私って相当類のこと好きだよね。。
    そうこう考えながら類についてきたら屋上に到着
    「茉央さ、なんで隣の席の神代ににっこり笑ってたの?僕、すごいもやもやしてたんだけど」
    『? 神代くんにシャーペン貸しただけだよ?それでありがとうって言われたから』
    「なんだ、よかった でももう僕を心配させるようなことしないでね。分かった?」
    『はーい!』
    「ふふっ いい子」 ちゅ
    ちゅーしてくれた!! もしかして、類やきもちやいてくれたのかな?赤くなってる かわいい♡
    その後、類からの甘いキスがいっぱい降ってきたのは2人だけの秘密。。。

    きゅん

    4

    mao sさんをフォロー

    通報する

  3. 夏休み 私は補習で学校にきている
    勉強嫌いな私からしたら毎日の補習は結構というか相当辛い。
    でも1つだけ楽しみがある
    それは綾瀬先輩に会うこと。そんな綾瀬先輩は私の彼氏なのです!
    先輩は頭が良いので補習はなくて図書室で自主勉強してるらしい。凄いなぁ
    補習が終わり、先輩に会いに図書室へ向かう。
      ガラガラ
    入ったらすぐに勉強している先輩がみえた。
    先輩も気づいたらしくこっちを向いている
    因みに図書室には私達以外に誰もいない。
    「日菜こっちおいで」
    すぐに先輩の方に駆け寄る
    「ずっと会いたかったです。 補習の時間がすごく長く感じました」
    「よく頑張ったね えらいえらい」
    そう言って先輩は私のことを抱きしめて頭をぽんぽんと優しく撫でてくれる
    これが大好きでいつも頑張れる
    この後先輩とキスしたり甘々な時間を過ごしたのは2人だけの秘密。。。

    きゅん

    0

    mao sさんをフォロー

    通報する

  4. 私)は〜なんで夏休みまで生徒会の仕事しなきゃいけないんですかね。。。
    会長)しょうがないだろ 会長と副会長じゃそりゃそうなる。
    私)う〜でもせっかくの夏休みが〜…… 私の青春が。。。。
    会長)ずいぶん大げさだな(笑)
    私)なっ 笑わなくたっていいじゃないですか!
    会長)ごめんごめん さ、そんなこと言ってないでさっさと仕事終わらせるぞ〜(ポンポン)
     なっ 今、会長に頭ぽんぽんされた!?
     顔が熱い。。 これきっと夏の暑さとかじゃないよね?
    この夏、私は会長に恋に落ちました

    きゅん

    3

    mao sさんをフォロー

    通報する

▲