ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

野いちご学園メニュー

ようこそゲストさん

  1. 30件ヒットしました

  2. 「いいだろ?」

    大和は私に確認してきた。

    「っ…ずるい…。」

    「ちゃんと聞かせろよ。」

    「っ…いいっ…」

    私はそう言って目を瞑った。

    するとまた唇に暖かいものが触れた。

    それから私たちは花火を見た。


    帰り道。

    「これで大和とずっと一緒だね!」

    「ふっ…まあジンクスなんてどうでもいいけどな。」

    や、やっぱり…。

    私は大和のそんな言葉を聞いて少し悲しくなった。

    「ジンクスがあってもなくても…」

    大和は私の耳に口を近づけてきた。

    「俺とあかりはずっと一緒だろ?」

    また私の顔は熱くなった。

    今日は一生忘れられない日になった。

    そう…これは熱い熱い夏のお話。

    終わり

    きゅん

    2

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  3. 「見れるぞ。」

    「え…?」

    私が諦めかけていたら、大和は急にそんなことを言ってきた。

    「で、でも…時間が…」

    「こーこ、特等席だから。」

    そう言って大和はにやっと笑った。次の瞬間…

    ヒュー…ドォン…!パラパラ…
    ヒュー…ドォン…!ドォン…!

    「わぁ…!綺麗!…ってなんで。」

    「俺が見つけておいたんだよ。人がいない、花火を見れる穴場。」

    「すごい…!」

    「あかりと2人になりたかったしな。」

    っ…!不意打ちだ…!

    私は真っ赤になっているであろう顔を隠すように下を向いた。

    「おいあかり(笑)花火見ろよ」

    あ…そ、そうだよね…!見よう…花火…!

    そう思い私は顔を上げたが、視界が真っ暗で何も見えない。

    その代わりに唇に柔らかい、暖かいものが触れていた。

    視界が開け、やっとキスされたのだとわかった。

    「っえ!?」

    大和は悪びれる様子もなく笑っていた。

    続く

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  4. 「…それ告白ってとらえるけど…いいのか?」

    も、もちろんそういう意味、だし…。

    私はさらに頷く。

    「俺も好き。」

    「え?」

    き、聞き間違い、かな。

    「だから…俺もあかりのこと好き。」

    「う、嘘…!」

    「嘘じゃねえよ。ずっとずっと…ガキの頃から…あかりが好き。」

    私はまた涙が溢れた。

    「誰にも渡したくないし、泣かせたくない…いや泣かせない。あかりの可愛いとこは俺だけが知ってればいいと思ってる。だから…」

    私はもう涙を止められなかった。

    「俺と付き合ってください。」

    私は声が出ず…首を何度も縦に振って頷いた。

    「ふっ…顔ぐちゃぐちゃ…」

    「だ、だってぇ…!」

    「はいはい。」

    そう言って大和はまた私の頭を撫でてくれる。

    あ…

    「で、でも…花火…見れないね。」

    ここから見る場所まではもう時間的に間に合わない。

    というかもうそろそろ始まる時間だ。

    続く

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  5. 「ジンクス…」

    私はボソリと話し始める。

    「ここの花火大会…ジンクスがあって…16年間同じ人と花火を見続けたら…その、ずっと一緒にいられる…っていう。」

    大和は口を開かず黙って聞いてくれる。

    「大和とはぐれて…花火一緒に見れないかもと思ったら…悲しくなっちゃって…。」

    「それで泣いてたってこと?」

    「…うん。」

    大和は何も言わない。…やっぱり、呆れられたかな…。

    「はぁ…よかった…。」

    「え…よ、よかった?」

    「あかりの身になんかあったわけじゃないんだよな?」

    私はこくりと頷く。

    「ならよかった…安心した。それに…」

    大和は急に真剣な顔になる。な、なんだろ…

    「あかりは俺とずっと一緒にいたいってことだろ?」

    「っ…!」

    そ、そうだよね…この話聞いたら誰でもそう思うか…。

    私は顔が真っ赤になってることを自覚しながらもその言葉に頷く。

    続く

    きゅん

    2

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  6. やっぱり…大和の中は安心する…。

    「落ち着いたか?」

    少しの間そうしていると大和は私にそう聞いた。

    「うん…!ありがと…。」

    でもここからじゃ花火…見れないよね…。

    そう思うとまた気分が下がってくる。

    「で、何で泣いてたんだよ。怪我…はしてねえみたいだし。具合悪かったか??

    大和は心配そうに私の顔を覗いてくる。

    「ううん…そういうわけじゃない、けど…。」

    ジンクスなんて多分大和にとってはどうでもいいことだよね。

    そんなことで泣いてたなんて思われたくない…。

    「いいから言え。」

    「ぇ…」

    「……やなんだよ…俺の知らないことで…あかりが泣いてんの。」

    大和は少し照れくさそうに言う。

    …大和はそういう人なんだ。

    優しくて、頼りになって、いつも私を守ってくれて…

    私は意を決して口を開く。

    続く

    きゅん

    1

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  7. 「やまとぉ…」

    私は足を止めて、そこに座りこんでしまった。

    「…い、おい…!あかり!」

    少しの間そうしてると、ふいに大和の気配を感じた。

    「ふぇ…?や、まと?」

    「おい!どこか怪我したのか!?具合悪くなったか!?」

    大和は必死な顔つきで聞いてきた。

    私は大和の姿にホッとして、

    「やまとぉ…!」

    思わず大和に抱きついた。

    「おい、やっぱどこか悪いんじゃ…?」

    「…ん。ううん…だい、じょうぶ…」

    「いや…でもまだ泣いてるし。」

    大和はそう言って抱きついた私の頭を撫でてくれた。

    「とりあえずこっちこい。」


    大和に連れてこられた場所は花火を見る予定場所から少し離れたところ。

    多分…私が泣いてるのを隠そうとしてくれたんだと思う。

    あの時結構な視線感じてたし…。

    「ほら…ここならもう大丈夫だから…。」

    そう言って大和は私の体を抱きしめてくれる。

    続く

    きゅん

    2

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  8. 「大和ー!はやくー!」

    「おい…走ったら転ぶぞ。あかり。」

    私たちは今、近くの花火大会に来ている。

    毎年毎年ここのお祭りは幼なじみ兼好きな人の大和と来ている。

    「大和ー!次はあっち!」

    「おい…!はぐれるぞ。」

    「大丈夫だよ〜……あれ?」

    さっきまで近くに感じていた大和の声。

    辺りを見回しても大和姿は見当たらない。

    も、もしかして…はぐれた?

    「や、大和…」

    もうすぐ花火が始まるからか、人は同じ方向へと向かって流れていく。

    ど、どうしよう。このままじゃ…大和と花火、見れない…っ!

    ここの花火にはジンクスがある。

    16年間同じ人と花火を見るとその思い出と絆からその人とずっと一緒にいられる。

    今日は16回目なのに…。

    私は悲しくなって涙が溢れた。

    「っ…うぅ…や、まとぉ…!」

    本当にこのまま見れないの…?

    大和とこれからも一緒にいたいのに…っ…。

    続く。

    きゅん

    1

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  9. No.6
    私は冬夜さんにつれられるがまま、屋上にやってきた。
    「冬夜さん…!どうしたんですか?」
    「ちょっと聞きたいことあって…」
    「聞きたいこと、ですか?」
    「結愛、俺の正体…知ってるよな?」
    正体…暴走族のことかな…
    「えと…はい。昨日…」
    「…」
    どっ…どうしよう。怒らせちゃったかな…?
    「お前…俺が怖くねえの?」
    怖くない、と言ったら100%本当だとは言えない。
    暴走族なんて今まで関わったなかったし…でも…
    「冬夜さんのことは怖くないです…!」
    冬夜さんは悪い人じゃない、って私の勘がそう言ってるから…!
    「っ…!…そうか…」
    そう言って微笑んだ冬夜さんの顔はすごく綺麗で…ドキッ…
    あ、あれ?胸が…不整脈…かな?
    「それなら…これからよろしくな」
    「はいっ!」

    これから冬夜さんと学校でも会えるなんて…!
    うれしいっ!

    きゅん

    1

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  10. あれからしばらく時間が経った。
    今の自分に出来ること…
    今の私には太陽のためになにが出来るんだろう…
    …!そうだ!

    「太陽っ!」
    太陽の病室に急いで行くとそこにはさっき会った瞳さんがいた。
    「あ、ごめんなさい…!」
    私は急いで病室を出ようとした。
    「乃々ちゃん!いいのよ!もう太陽と話すことも終わったから。」
    「え、でも…」
    「太陽になにか話したいことがあるんでしょう?ちゃんと話してあげて。」
    瞳さんはにっこりと微笑むと病室を出ていった。
    「え、っと…乃々ちゃん。俺に何か用でもあった?」
    「あ、えっとね…!わ、私なりに今太陽のために何ができるか考えてみたの…!」
    「それ、聞いてもいい?」
    「うん…!えっとね!」
    私は息を大きく吸い込み、勇気を溜める。

    「一緒に記憶取り戻そう!」

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  11. 私は太陽の病室を出た。
    中身は太陽のままだった…。私のことを忘れてても…優しくしてくれた…。
    「あ…」
    「あ」
    ちょうどそのとき瞳さんに出会った。
    「ごめんなさいね…乃々ちゃん…太陽が、あんなことになっちゃって…」
    瞳さんの目は赤くなっていて、泣いた跡なのだということがわかった。
    「いえ…瞳さんのせいじゃないですから」
    私は少しでも瞳さんを安心させようと笑顔をつくった。
    「瞳さんはこれから太陽のところに行くんですか…?」
    「ええ…顔を見せないと太陽が不安になるんじゃないかと思ってね」
    「……その、記憶喪失の太陽を見るのは、…辛くないんですか?」
    私は何を聞いているのだろう。辛くないわけがない。
    「もちろん辛いわよ。でも今の私にできるのはこれくらいだから。それに…乃々ちゃんの方が辛いでしょう…?おばさんがしっかりしてないとね…!」
    …!今の自分に…出来ること…

    続く

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  12. 「……お前…誰だ…?」
    え……
    「え…だ、誰って…私だよ!乃々だよ!太陽っ!」
    「の、の…?」

    「おそらく太陽くんは記憶喪失だと思われます。事故の衝撃により頭を強打してしまったのでしょう…」
    き、おくそうしつ…
    私はまだ目の前の事実を受け入れられずにいた。
    「どうやったら記憶が戻るのでしょうか…!」
    太陽のママ、瞳さんが半泣き状態で聞く。
    「それは…わかりません…。こういう症例は珍しいものですから…」
    「そんなっ…!」

    「太陽…」
    「あ、えっと…乃々ちゃん…だっけ?」
    「うん…」
    「ごめんね。俺思い出せなくて…他のことはうっすらと覚えてるんだけど…」
    「ううん…あれは事故だった。太陽は何も悪くないの…」
    「それでも君にこんな悲しい顔をさせてしまって…本当にすまない。」
    太陽はベッドの上で頭を下げる。
    記憶を失っても太陽は優しい太陽のまんまだ…

    つづく

    きゅん

    2

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  13. キィィッ!
    車のブレーキ音が響く。
    「太陽っ!」
    やめて…私から、彼を奪わないでっ…!

    目を覚まさない彼。医者からは目を覚ますか覚まさないか。確率は五分五分と言われた。
    お願い神様…私から彼を奪わないで…。
    今ベッドの上で目を閉じている彼は私の幼なじみ兼好きな人。
    私が人生で一番辛かった時ずっと側で支えてくれた。
    事故の時、私は彼・三坂太陽と一緒にいた。
    買い物に太陽が付き合ってくれて…その帰り私たちが道路を渡っていると
    車がつっこんできた。
    『乃々!』
    ドンっという衝撃。私は太陽に突き飛ばされ向こう側の歩道に倒れ込んだ。
    でも太陽は…。
    「ん…」
    「っ…!太陽!」
    お願いお願いお願い…!目を…覚まして…!
    「太陽!太陽!」
    太陽の目がゆっくりと開く。
    「っ…!太陽っ!」
    私は思わず太陽に抱きつく。でもいつもみたいに抱き返してはくれない。
    「…太陽?」
    「……お前…誰だ…?」

    続く。

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  14. No.5
    ふふっ…朝はびっくりしちゃったけどまさか冬夜さんが同じ学校だったなんて…
    「ゆ、ゆゆゆ結愛!」
    どうしたんだろう?
    「おはよう…!ひかりちゃん!」
    この子は佐久間ひかりちゃん。入学式のときに話しかけてくれて…それ以来ずっと
    友達。
    「と、と冬夜様がき、きてる…!」
    「え…?」
    今冬夜、って…
    「え?って!んもうっ!本当こういうことはにぶいわねっ!いい?透明の王子、神城冬夜様は入学式以来ずっと学校に来てなかったの!でもその時顔を見かけた女子たちが大騒ぎして、透明の王子、ってなったのよ!」
    え、てことは冬夜さんは1年生?
    「きゃーー!冬夜様がこっち来る…!!」
    え、
    「結愛、いるか?」

    「ちょ、ちょっとちょっと!冬夜様と知り合いなの!?」
    「えっと…」
    「結愛、ちょっと来てくれ。」
    私は冬夜につれられるがまま冬夜さんについていった。

    ___続く。

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  15. No.4
    【冬夜side】
    昨夜、いつもの溜まり場から帰る途中、妖精をみた。覚えのある声や姿。そちらを見ると、マジか…こんな形で再開できるなんて。
    どうやらナンパに絡まれているらしい…ちっ…。俺はそいつを助けた。
    結愛は俺に気づくことはなかった。結愛の制服からするに、この学校は青学か。……って、同じ学校じゃねえか。行ってなかったけど…

    そして今日___。
    俺は人混みの中から結愛をすぐさま見つけた。
    「と、冬夜さん!ど、どうしてうちの学校に…?」
    首をこてん、と傾げる結愛に愛おしさを覚える。
    「もともとこの学校なんだよ。行ってなかっただけで。」
    「そうなんですね…!」
    「でもこれからは通う。」
    「?どうしてですか?」
    「結愛がいるから。」
    結愛は意味がわかっていないみたいだ。
    「でも、これからも会えるの嬉しいですね…!」
    ……はあ。ほんと勘弁してくれ。
    でも、もう逃さない。

    続く__。

    きゅん

    4

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  16. となり、って…そういえばこの前誰か引っ越してきてたな…
    「まあ…隣同士よろしく。えっと…」
    「あ…!咲原結愛(さきはら ゆめ)です…!神城さん!今日はありがとうございました…!これからよろしくお願いしますね…!」
    「………はあ…ほんとなんなの…この生物…あと冬夜でいいから。」
    「あ、はい…!とう、やさん…!えへへ…なんか照れますね…!」
    「はあ…なんなのほんとこの可愛い生物…」
    …?冬夜さんなにかいっただろうか…
    「では、おやすみなさいっ!冬夜さん!」
    私は今度こそ冬夜さんに別れを告げて、家の中に入った。
    かっこいいひとだったなぁ…それはもう、見惚れちゃうくらい……
    また会いたいなぁ…
    そんなことを思いながら私は眠りについた。

    そ、そしたら…!!
    「「きゃぁぁぁぁぁぁぁ!」」
    耳をつんざくような声。
    な、なんで…!ど、どうして…私の学校に…!


    冬夜さんがいるの…!?

    ____続く。

    きゅん

    4

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  17. 【悪魔と天使♡4】
    花と付き合いだした翌日。
    「しーちゃーん!おはようっ!」
    「花、おはよ。」
    「えへへ…!」
    「?花どうかしたか?」
    「しーちゃんに会えたのが嬉しくて…!」
    「可愛いこと言わないで花。我慢出来なくなる。」
    「っ…!/////」
    顔を赤くしてる花。かわいい…

    「羽瀬〜!おはよー!」
    羽瀬というのは俺の苗字。今話しかけてきたのは中学から一緒の南。
    「今日もお熱いですねぇ!」
    そういって南は俺の肩をポンポンと叩いてくる。
    「うっせえよ。」
    「はいはい。照れない照れない!じゃあねー!」
    南がどっか行って、花の方を見ると花は少し不安そうな顔をしていた。
    「花?」
    「……しーちゃんあの人のこと好き、なの?」
    「は?」
    「仲良さそう…だったから。」
    「はあ…花?俺が好きなのは花だけだよ?花以外ありえないから。」
    「っ…!わ、私も…////」

    今日も俺の幼なじみは可愛すぎる。

    きゅん

    1

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  18. ぼ、暴走族…レウウィスっていってたな…。
    「お前、なんでこんな遅くにこんなとこいんの」
    「へ…?あ、!せ、先生に手伝いを頼まれて…」
    「なるほどな。じゃあ送る。」
    「へ?」
    「お前みたいなやつがこの時間うろちょろしてるとあぶねえんだよ。」
    「わ、わたしみたいやつって…ち、ちんちくりんってことですか?」
    「え、お前自覚ねぇの?マジかよ…なおさら放っておけねぇ…」
    私は訳が分からず首を傾げた。
    「おまっ…それはやべぇって。」
    それ?どれ?
    「はぁ…とにかく送ってってやる。ついてこい。」
    (駅到着)
    「じゃあな。」
    「はい…!ありがとうございました!」
    私はペコリと頭を下げ、その人に別れを告げたのだけれど…
    何故か、私の家の前までその人がついてきてるんです…!
    「え、お前んちここ?」
    「は、はい…」
    「嘘だろ…。」
    「えっと…。」
    「俺の家、お前の隣だ。」
    …………えーーーっ!?
    ____続く。

    きゅん

    8

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  19. 【悪魔と天使♡3】
    「し、しーちゃん…!あ、あのねお昼休み、屋上に来て…!

    「しーちゃん!来てくれてありがとう!」
    えへへ、と笑う花に俺は胸が苦しめられた。
    「で、どうしたんだ?花。」
    「あ…!そうだ…え、えっとね…。」
    「す、数学の授業、でその…お、俺んだよ…って…。」
    え…?花、あれ、聞いてた、のか?
    なら…
    「俺、ガキの頃から花のことが好きだ…。好きなんだ…!」
    花が顔を真っ赤にする。
    「…っ!わ、私も、だよ?」
    …………は?
    い、まな、んて…
    「わ、私もしーちゃんのこと好き。」
    「いや待て。花。花の好きと俺の好きは違う…俺は女として花が好きなんだ。」
    「う、うん。私も男の子としてしーちゃんが好きだよ?」
    ……やべえ…嬉しすぎる…。
    「花。お前これからは俺の、だからな。いやこれから『も』か。」
    「うん…!」
    花が俺に抱きついてきた。ああ…こんなの我慢できる気がしない…。

    きゅん

    1

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  20. 「あーあ…すっかり遅くなっちゃったな…。」
    先生に手伝いを頼まれて…それが終わる頃にはもうあたりは真っ暗。
    「はやく帰ろ…!」
    「ねぇそこの君〜かわいいねぇ。こんな時間に何してるの?」
    …え。そこの君って私のこと?
    「せっかくだし俺らと遊ばない?大人の遊び、教えてあげるよ。」
    い、いいですいいです!
    私は怖さのあまり首を横に振ることしかできなかった。
    「え〜そんなこと言わずにさ〜」
    そういって男は私の肩に手を回してくる…
    いや…!
    「や、や、め…」
    「おい、おまえら何してんだよ。」
    突然後ろから声がした。
    「あ?…ってお前…!レウウィスの総長神城冬夜!」
    「やっべ…!」
    男たちはその人に怯えたのか早々に逃げていく。
    「大丈夫か?」
    「は、はい…!あ、ありがとうございます…!」
    たすかった…で、でもさっきレウウィス?の総長さんって言ってなかった?
    てことは暴走族さんだ…!

    続く_。

    きゅん

    5

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

  21. 【悪魔と天使♡2】
    今は数学の授業中。隣ですぅすぅと寝息を立てているのは幼なじみの花。
    「じゃあ〜この問題を、藍崎、答えてくれ。」
    藍崎というのは花の苗字だ。花は呼ばれているとゆうのに起きる気配がない。
    「おい、藍崎〜?寝てるのか?しょうがないやつだな。」
    先生がこちらへやってくる。花を起こすつもりだろう。
    ちっ…気持ちよさそうに寝てる花をおこすな…
    「先生、俺が代わりに答えます。」
    「お?柊か?まあいいじゃあ答えてくれ。」
    「48x」
    「正解だ。といっても…藍崎をこのまま寝かせるわけにはいかないからな。
    おーい、藍崎〜」
    ちっ…だから起こすなっつてんだろが…
    「先生、いくら先生でも花を邪魔するのは許しませんよ?…ついでだから言っておきます…。花のことなにかしようならただじゃおかない。俺んだよ…!」
    俺は自分でもわかるくらいの圧をだした。

    それを花が聞いていたとは知らずに…。

    きゅん

    3

    なりゅう。さんをフォロー

    通報する

▲