ケータイ小説 野いちご > 野いちご学園

  1. 1件ヒットしました

  2. 今日は街がピンク色に染まる日。
    そう、バレンタイン!!
    私、松崎 みおは、今日憧れの先輩(音弥 優)にチョコを渡します!

    音弥先輩にはとっくの前に好きって伝えるんだけど、特に反応無し、、。何回伝えても「あっそ」「しってる」「はいはい」くらいしかかえってこない。
    いわゆる、ドS男子ってやつです。
    でもやっぱり好きって言わせたい!!
    だから絶対美味しいチョコつくってびっくりさせてやるっ

    2月14日PM16:20【下駄箱】

    「音弥先輩!今いいですか?」
    『おう』
    「チョコ、作ったんです。音弥先輩に、食べて欲しくって。」

    緊張しながらそうチョコを渡すと、何だか驚いた顔で見つめている。


    『これ、お前作ったの?』
    「そ、そうですよ?あ、気に入らなかったら食べn・・」

    『すげぇうまそう。』
    先輩が小さく呟いた気がした。
    「え?」

    「、、ありがとな、」
    何だか先輩の顔が火照って見えた

    きゅん

    4

    pippuruさんをフォロー

    通報する

▲